So-net無料ブログ作成
検索選択

リリカル電王 復活?! [リリ電]

焔「11月1日土曜23時、二次元裏@ふたばimg鯖でついにリリカル電王スレが復活するそうだ」

Zザク「スレが立たなくなってちょうど一年ぐらいか」

ジム改「そんな時期だったんだ」

焔「長かった、すっごく長かった。というか、リリ電スレを立てようと思う人がいてすっごく嬉しかった」

Zザク「おい、日記の日付を月曜にするな!」

ジム改「楽しようとしないの!」

焔「楽じゃない!電王本編を復習するための時間稼ぎだっ!!」

Zザク「似たようなもんだろうが」

焔「うるさい!答えは聞いてない!!」

ジム改「ダメだ、興奮し過ぎて手に負えないや」

 焔「つーわけで参加者勝手に募集!初参加の人のためにはい、保管庫!」

 Zザク「ついでに開催地は……リンクしていいのか知らんがココだ」

 

 

 

―幕―



リリカル電王 本格的に考えなければいけない [リリ電]

焔「どうしようか悩んでるんだよね」

ジム改「リリカル電王のこと?」

焔「うん。現状として

 ネタの枯渇

スレの私物化

この二つが問題点だな。前者はともかく後者はどうにかしないといかん。ネットで検索してみれば

わかるが電王となのはのコラボはいくつかある。だけど俺がやってるのは二次裏発祥のモノだ。

それを私物化するのは非常にまずい。そもそも俺、代理代理はやったけどスレあきではないし。

だからどこかで一区切りつけたいんだけど、どうしたらいいと思う?」

Zザク「一区切りつけるのに相応しいものを書けばいいだろ。『美味しんぼ』みたいに」

ジム改「まぁ、土曜まで出かけるんだkらあ、それまでゆっくり考えれば?コメントや拍手で良い案

が出るかもしれないし」

焔「う~ん……そうするしかない、か……」

 

 

 

 

―幕―



リリカル電王 いつまで続けるんだろう…… [リリ電]

Ⅰ「……」

Ⅱ「……」

Ⅲ「……」

Ⅳ「……」

Ⅴ「……」

Ⅵ「……」

Ⅶ「……」

Ⅶ「……」

Ⅷ「……」

Ⅸ「……」

Ⅹ「……」

ⅩⅠ「……」

ⅩⅡ「……」

スカ「……暇だね」

巧「ああ……」

 

 

 

 

 

―幕―



リリカル電王 釣りやりたいなぁ [リリ電]

良「ヤマメにイワナが二匹ずつ、けっこう釣れたかな」

な「お昼にはちょうどいいかもね。イワナは塩焼き、ヤマメは香草焼きにすればおいしいよ」

良「うん、でも調理道具は……」

牙「俺のでよければ使うか?(ごーりごーり)」

な「な、何つくってるんですか?」

牙「かまぼこ

良「なんの?」

牙「ブラックバス」

な「お、おいしいんですか?」

牙「意外にイケるぞ」

良(本当にこの人の考えることがわからない……)

 

 

 

 

 

―幕―



リリカル電王 CMやってたし [リリ電]

フェ「なのはは?」

キン「良太郎と一緒に釣りにいっとるで」

フェ「釣り?!なのはが?でも良太郎も一緒、って……あれ?」

シグ「テスタロッサ、釣りとは言ってもだな」

ヴィ「ウラタロスの言うようなやつじゃねーぞ」

フェ「あ、なーんだ、そういうことか」

キン「エリオと亀の字は釣りの真っ最中やけどな」

フェ「亀ーっ!!」

 

 

 

 

 

―幕―



リリカル電王 どうなる? [リリ電]

モモ「良太郎!亀!熊!鼻たれ小僧!もっと気合いれろっ!急がねぇと間に合わねぇぞ!!」

キン「お前こそ気合入れんかいモモヒキぃっ!!」 

ウラ「僕はこういうキャラじゃないんだけどねぇ」

リュウ「僕もやるー」 

な「みんな、なに張り切ってるの?」

良「その、10月まで後二ヶ月とちょっとしかないから……」

牙「俺もそろそろ本腰いれないとな」

侑「お前関係名¥ないだろ!」

 

 

 

 

 

 

―幕―



リリカル電王 ジム編終了 [リリ電]

良「ジム、追い出されちゃった……」

ティ「そんなに落ち込まないでください。良太郎さんは悪くないんですから」

ス「そうですよ。それに、トレーニングだったら器具がなくったって出来ますもん!私が教えますから

一緒にやりましょう!」

良「うん、ありがとう二人とも。そういえば、なのはちゃんは?」

ティ「えっとm、なのはさんだったら──」

 

 

な「みんな、どうしちゃったのかな……地球は戦闘と違ってノリだけじゃ生きてゆけないんだよ?私の

言ってること間違ってる?ねぇ、私、頭冷やしてほしいって顔、してるでしょ?」

モモ「お、落ち着け砲台女ぁ!」

リュウ「なのはお姉ちゃん怖いぃ~!」

ウラ「エリオくん助けて~」

キン「嬢ちゃんの強さに俺らが泣いた!」

 

 

 

 

 

 

 

―幕―



リリカル電王 遅くなりました [リリ電]

K良「よっしゃ!まずは軽く腕の筋肉から(バキッ!)ありゃ?壊れてしもたわ。仕方ない、脚の方を……

(ボキッ!)いかん!また壊してもうた!」

係員「器具を壊さないでくださ~い」

U良「すみません、僕、初めてでなにもわからなくて……できれば教えていただけませんか?

じっくりと、手取り、足取り……」

な「係員さんを口説かないの!!」

R良「わ~!、みんなでダンスしてる。僕も踊ろっと♪」

ティ「リュウタ!他の人を巻きこまないのっ!」

M良「おっしゃ!最後はプールでしめ……しまったぁ!俺泳げぶばぁ!!」

フェ「モモーッ!!」

 

 

 

 

 

 

 

―続―



リリカル電王 一方、デンライナーでは [リリ電]

ハナ「良太郎がフィットネスクラブにねぇ……」

モモ「フィットネスクラブぅ?ってなんだそりゃ?」

ウラ「先輩みたいなプリンばっか食べてたるんでる人が行くとこ」

フェ「つまり器具を使ってトレーニングしたり、プールで泳いだりして体を動かす所だよ」

モモ「なるほど……って誰がたるんでるだ亀!」

キン「言葉どおりや、モモ引き」

リュウ「なになに!プールもあるの?おもしろそ~!」

スバ「良太郎さんいるなら私も行きた~い!」

ティ「……というわけで部隊長、この事態を収拾するためにも許可をお願いします」

はや「ええよ。特に忙しいわけでもないし。みんないっとき~」

 エリ「いいのかな……?」

 

 

 

 

 ―続―



リリカル電王 魔導師に筋力は必要なのか? [リリ電]

良「──28、29、30!はぁ~、疲れたぁ~」

な「お疲れ良ちゃん。はい、飲み物」

良「ありがとう,」

な「どう、調子は?」

良「うん、やっぱりイマジンと戦うこともなくなったから衰えてる。それも平和な証拠なんだけど……」

な「そっか。でも驚いちゃった。突然、フィットネスクラブに通うなんて言い出すから」

良「ごめんね、僕につき合わせちゃって」

な「ううん、ぜーんぜん。さ、もう1セットいこ。次は私も一緒にやるから」

良「うん!」

 

 

 

 

 

 

 

―続―



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。