So-net無料ブログ作成

浪費癖 [オタ的]

Zザク「また焔の部屋が汚くなってきているな」

ジム改「物が元々多すぎる、中々捨てられない、すぐ新しい物を買ってくる、の悪循環だからねぇ」

Zザク「ごく稀にハ―ド〇〇やブック〇〇に持ち込んでいるのを見るが、持っていく量と

持ち帰る量に差がありすぎるな」

ジム改「片付けられない、というよりテレビで見るゴミ屋敷のダメ人間みたいなもんだよねぇ」

焔「散々言ってくれるな、お前ら」

Zザク「おお、ロクに使わんヒートペンを買った焔か」

ジム改「四千円出して、かぢばあたるのゼルダの伝説の漫画買った焔だ」

焔「約四千円だ、あとよくヒートペンは使ったぞ」

Zザク「今は?」

焔「……床に転がってる」

ジム改「以上、ここ最近の無駄遣いでした」

 

 

 

 

 

―幕―



ケロ⑨デスティニー、歌ってきました [オタ的]

焔「すごい、すごい歌だった……」

Zザク「歌……なのか……?」

ジム改「まぁ、いちおう、カラオケに入ったわけだし……」

焔「いや、あれを歌える奴は尊敬するわ」

Zザク「歌えても全く自慢にならんな」

焔「どうでもいいが、歌い終わったら妙に声が出るようになってな。近くの店でソフトクリーム

注文する時、『カップソフト、ミルクでお願いします』って、無駄に良い声出しちまった」

ジム改「なんか想像出来る」

焔「しかも地下街だったから声が響くこと響くこと。店員にも周りの客にも注目されちまった」

Zザク「相変わらず一人で面白い事をやっているな」

ジム改「休日も楽しそうで何よりだねぇ」

焔「どうでもいいが、『……』を多用するとブリーチっぽいと思うのは俺だけか?」

Zザク「知るか」

 

 

 

 

 

 

―幕―



MGガンキャノン [オタ的]

Zザク「突然、何を買ってきたかと思えば……」

焔「さっすがMG。素組みだけでもかなり良いな」

ジム改「でも今更ガンキャノン?」

焔「組みたくなったんだからしょうがないだろ、ふっふっふ……」

Zザク「何か、嫌な予感がするな」

ジム改「僕も」

 

 

 

 

 

―幕―



figma購入 [オタ的]

Zザク「霧雨理沙のFigmaを買いに町田まで行ってきたようだな」

ジム改「アマゾンでも5千円するらしいから、直接買いに行った方が安かったみたいだねぇ」

Zザク「で、今やつはどうしてる?」

ジム改「落ち込んでる」

Zザク「何故だ?」

ジム改「なのはのFigmaと組ませて『これが私の全力全開!!』『弾幕はパワーだぜっ!』

って構図にしようと思ったら、なのはの髪が天災で折れてたんだって」

Zザク「初期の方か?」

ジム改「うん、こっちも古くてアマゾンでも5千円ぐらいしちゃうやつ」

Zザク「管理が甘いな」

焔「もうやだ……」

 

 

 

 

 

―幕―



ゆっくりしていってね [オタ的]

Zザク「焔が親子喧嘩のせいで幼児退行を起こした」

ジム改「二十歳超えて何やってるんだか」

Zザク「見てみろ、あれ」

焔「ぐー……」

ジム改「ぬいぐるみ抱いて寝てる……気持ち悪っ」

Zザク「しかも抱いているのは『ゆっくり魔理沙』か。まさかこのためだけに買ったのか?」

焔「う……うん……」

ジム改「あ、起きた」

焔「……」

ジム改「ぬいぐるみ抱くのやめた」

Zザク「寝起きに見ても、あの顔はむかつく、ということか」

焔「おかげで目は覚めたぜ、こんちくしょう」

 

 

 

 

 

―幕―



新作figma [オタ的]

焔「figmaのスバル・ナカジマが売れ過ぎなんだよぉーっ!!」

Zザク「どんだけ探したんだ」

ジム改「仕事中に他店舗の在庫をチェックして、自分の店の発注履歴を確認するぐらい」

Zザク「馬鹿だろ」

焔「霧雨魔理沙で我慢するか……?」

 

 

 

 

 

―幕―



ナムコなんじゃタウン [オタ的]

焔「池袋なんじゃタウンに行ってまいりました」

Zザク「銀魂イベント目当てか」

焔「そ、結構楽しかったよ。アイスとかおいしかったし、アトラクションもそれなりに楽しめたし」

ジム改「銀魂以外にも、アトラクションとかいろいろあるし、デートとかにはもってこいだねぇ」

Zザク「お前は誰と行ったんだ?」

焔「男二人で……」

Zザク「……よかったな、ネタになって」

焔「ありがとよ。考えうる限り、最高の慰めだ」

ジム改「じゃあ、僕からは紅玉を」

焔「ルビーにくちづけ、ってそっちの趣味はねぇっ!」

Zザク「落ちていないが、終わるぞ」

 

 

 

 

 

―幕―



例大祭 [オタ的]

Zザク「今更だが、今月は例大祭があったな」

ジム改「今回も大盛況だったんだって。東方はすごいねぇ」

焔「というわけで去年あたりから手を出した俺にとって要チェックのイベントだったわけだ」

Zザク「お前おもいっきし仕事だっただろうが」

ジム改「一週間前まで日程すら知らなかったのにねぇ」

焔「ふっふっふ、持つべきものは友、ワカに代理で行かせたぜ!目当てのサークルは

2つだけだが」

ジム改「よく行ってくれたねぇ」

Zザク「ちゃんと礼はしたんだろうな」 

焔「してないよ」

Zザク「……は?」

焔「購入費交通費、その他諸々全て払わせた。そしたら依頼品をデカい紙袋付きで渡された。

スーツ姿でどう持ち帰ろうかしばらく悩んだ」

ジム改「そりゃ怒るよ」 

Zザク「お前、本気で最低だな」

焔「その話は置いといて、これが頼んだモノ。お前らも見るか?」

ジム改「あ、『東方活動写真館第二幕』」

Zザク「残りは18禁同人誌とCG集……む?」

ジム改「表紙、諏訪子だ」

Zザク「お前、そんな諏訪子好きだったか?どちらかというとお前の趣味と対極に位置する

キャラだろ?」

焔「……回ってほしいサークルをメールで送っといたんだが」

ジム改「だが?」

焔「8と3を見間違えてた……orz」

Zザク「ワカに土下座してこい」

焔「したよ、俺はロリコンじゃねぇって」

ジム改「謝るとこ違うから」

Zザク「腐りきってやがる……」

 

 

 

 

 

―幕―



iriver [オタ的]

焔「iriverが!iriverがついにやってくれた!」

ジム改「昨日、Windows7の動作確認状況を発表したんだっけ?」 

Zザク「随分遅いな。Sonyは発売前に対応状況を載せてたぞ」

焔「他所は他所だ。我々は四ヶ月、iriverClix2を無くしてから三カ月待ったのだ……

アプリケーションがうまく起動しねーわ、インストし直そうと思っても保証外のOSだとか出て

インストすらできねーわ、サポートに電話しても7以外のOSを用意しろだの言われるわ、ロク

なめにあってねーけど、ついにwindows7でもiriver製品が使えるように……っ!」

Zザク「感無量というわけか」

焔「さあ、iriverよ!この感動を皆にも伝えてくれ!!」

 

 ソフト名   対応

iriverPlus  × 

iriverPlus2/3  ×

Movie converter ×

Aquabeat Playlist editer  ×

iriverMusicManagerV3.17  ×

iriverMusicManagerV3.20  × 

 

焔「……」

Zザク「ふむ、どうやら機器自体の動作確認が取れただけであって、専用アプリが対応した

とは一言も言ってないな」

ジム改「あ、でも曲の転送はコンピュータ開いてドラッグ&ドロップで出来るんだって」

Zザク「お前の持っていたiriverClix2はその後に本体で『データベース更新』をすれば認識

されるそうだ」

ジム改「よかったね。これで安心して通販で買い直せるじゃん」

焔「帰って『リアル彼女』やろ……」

 

 

 

 

 

 

―幕―



FF13初プレイ [オタ的]

Zザク「うーむ、やはり落ち着かんな」

ジム改「やっぱりPCモニターの37インチは大きすぎるよねぇ」

Zザク「ところで、焔はどうした?」

ジム改「FF13やってるよ」

Zザク「おお、一か月以上放置していたが、ついにプレイするのか」

ジム改「焔曰く、『ゲーム機が切り替わって出る初めてのFFは面白い』んだって。ネット上では

いろいろ騒がれてるみたいだけど」

Zザク「Ⅳ、Ⅶ、Ⅹ、なるほど。確かに、どれも評価は低くないな。さて、毎回恒例の感想でも

聞きにいくか」

ジム改「あ、でも倒れてる」

Zザク「何?」

焔「……」

ジム改「これって、つまらないって事かなぁ?」

Zザク「たった一日でその評価はまずいと思うんだが……何があった?」

焔「……うぇっぷ」

Zザク「ウェップ……そんな単語、FF13に出てくるか?」

ジム改「聞いたことないけど?」

焔「す、3D酔いした……」

Zザク「あ、ああ……なるほどな。そういえば、007も一人プレイで酔ってたもんな、お前」

ジム改「これはクリアするまで時間かかりそうだねぇ」

 

 

 

 

 

 

―幕―



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。